LINEMO

LINEMOで留守電が利用可能に 月220円でオプション追加可能!

LINEMOの留守電オプションが、2022年10月4日にリリースされました。

留守電が使えないことがLINEMOのデメリットの1つでしたが、これで解消されました!

LINEMOに乗り換えた方が安くなるけど、留守電がないから乗り換えられなかった方は、この機に乗り換えを検討してみてください。

詳細をみる
公式サイト

LINEMOの「留守電パック」の詳細

LINEMOで留守電を使うには、「留守電パック」(月額220円)というオプションに加入する必要があります。

留守電パックは、

  • 留守番電話サービス→3分までの伝言を最大30件、72時間まで保存できる
  • 着信転送サービス→かかってきた電話を転送できる
  • 着信お知らせ機能→電波が届かない場所にいる時や電源OFFの時に着信があった場合にお知らせしてくれる

がセットになったオプションです。留守電はほしいけど着信転送は要らない、といった場合でも、機能単体で加入することはできません。

各機能の詳細について説明していきます。

留守番電話サービス

3分までの留守電を最大30件まで、最大72時間まで保存できます。

ソフトバンクの無料の留守電サービスと同じ内容ですが、LINEMOの場合は月額220円かかる点に注意です。

また、ソフトバンクの場合は、月額330円で保存期間や件数を増やすオプションがありますが、LINEMOにはありません。

着信転送サービス

スマホから設定した転送先(電話番号)へ、着信を転送できます。

転送のON、OFFはスマホの設定でいつでも切り替えることが可能です。

ただし、転送を行った場合は、下記のように通話料がかかることに注意です。

発信者→LINEMOのスマホ 発信者に通話料がかかる

LINEMOのスマホ→転送先 LINEMO契約者(自分)に通話料がかかる

また、「通話定額」「通話準定額」に加入していたとしても、転送時の通話は無料通話の対象外になってしまいますので注意してください。

着信お知らせ機能

電源を切っている時や、電波の悪い所にいる時に電話があっても、通常だと気づくことができません。

しかし着信お知らせ機能があれば、電源を入れた際や電波がある場所に移動した際に、着信があったことをお知らせしてくれます。

この機能は、けっこう欲しい方が多いのではないでしょうか。

LINEMO・留守電パックの月額料金

ミニプランスマホプラン
月間データ量3GB20GB
月額料金990円2,728円
LINEギガフリー(LINEのトーク・通話・ビデオ通話がギガ消費なし)対象対象
LINEスタンプ プレミアム for LINEMO(対象のLINEスタンプ使い放題)対象外対象

LINEMOのプランは、利用できるデータ量が月3GBまでのミニプランと、月20GBまでのスマホプランがあります。

どちらのプランでも、LINEのトーク・通話・ビデオ通話がギガフリーで使えますので、よくLINE通話などを使う方はLINEMOがおすすめです。

留守電パックの月額料金220円

留守電パックは、どちらのプランに追加する場合も、月額220円です。

また、LINEMOは契約期間の縛りや解約金がないため、いつでも無料で解約できます

今ならお得!LINEMO申し込みで使えるキャンペーン

LINEMO
【12月4日まで!】スマホプラン(月3GB)にMNPなら13,000円分 新規契約なら3,000円分PayPayポイントプレゼント
ミニプラン(月3GB)にMNP・新規契約で8か月間実質無料
LINE MUSIC6ヶ月無料
5分以内の国内通話無料の「通話順定額」オプションが1年間無料

キャンペーン詳細をみる